2016年11月17日

WVN追加データ005 「トライアル・ゴーレムズ 03 トイ・パレード」  1/2

 

 wvn-you005-TG03.PDF


≪ストーリー≫

 ゴーレム工房の資金繰りは苦しい。
 一見、子供達の為に思える玩具ゴーレムの制作にも、
 世知辛い大人の事情が隠されていたりするのだった。


≪ゲームデータとしての特徴≫

 トークン・システムの実験キャラクター『ブリキット』と、彼女が使役出来るトークン、そして、そのトークン召喚用のアクションカードのセットです。

 ブリキットは、バトル中にトークンを大量に召喚出来る、サモナータイプのトークン使いです。


・キャラクターカードの特徴 (『』内は無責任な煽り文句)

◇ブリキット

『悪漢を阻む玩具のパレード! その凶刃は、届かせない!』

 盾となる弱いトークンを大量に展開する、防衛型のトークン使いです。
 強さは未知数といいますか、かなり相性に左右されます。
 身代わりの盾を沢山用意出来ますので、射程1の単体攻撃に強く、その盾が機能しなくなる遠距離攻撃や範囲攻撃には弱いです。

 トークンを大量に使役した場合のストレス・テストも兼ねている為、使うのが面倒臭いかもしれません。とりあえず、机等のスペース的に、代理カードの使用は必須かと思います。


・トークンカードの特徴

 総じて脅威度が低く、相手を倒す戦力としては心許無い限りですが、数と微弱な妨害能力で乗り切りましょう。
 盾に徹するか、コツコツとダメージを積み重ねるか、条件の厳しい強力なトークンの召喚を狙っていくかで、ブリキットのデッキ構成は大きく変わることでしょう。


・アクションカードの特徴

◇玩具属性
 トークンを召喚する以外のことは、殆(ほとん)ど出来ません。
 コストの高いカードは、一度に沢山のトークンを召喚出来たり、数種類の中から召喚するトークンを選べたりします。



◇全体的に
 ブリキットは、射程1の単体攻撃しか行ってこない相手には滅法強く、一対一なら完封、相手に攻撃が通らない場合でも、千日手に持っていくことが出来ます(まあ、長引くとジャンク・ザウルスが強制召喚されて、自分が一発リタイアさせられる危険が出てきますけれども)。
 とはいえ、攻撃力が低いですので、基本的にチーム戦でアタッカーと役割分担してこそ輝くキャラクターです。もっとも、集団戦になって人数に余裕が出てくると、苦手な遠距離攻撃や範囲攻撃タイプが相手に混ざり始めるのですが……。



<「トライアル・ゴーレムズ 03 トイ・パレード」の修正履歴>
・2016 11/17 公開