2011年04月10日

裏竜宮衛士録

 
○虎魚入道(おこぜにゅうどう)
 袈裟を纏った巨大なオニオコゼ(鬼虎魚、鬼鰧)。

 得手の呪法は「三誶誅戮(さんすいちゅうりく)」。
 三度の警告の間に力を溜め、相手が従わないとみるや解き放つ、報復呪法。
 戦いで対手の攻撃を受けながら使うと、更に威力が跳ね上がる。

 変化の術は苦手。やむを得ず人間(っぽい姿)に化ける時は、後頭部にでっかい目玉が二つ並んだ、巨躯のお坊さん姿を取る。術を覚えたての当初、頭の天辺についてしまっていた口を、最近は何とか、鼻の位置にまで下げてこられるようになったらしい。
 何だか福笑いみたいなので、それを見ていると、裏竜宮の子供達は大層喜ぶそうな。
 
posted by 謡堂 at 05:37| ◆聊枕百物語