2014年02月08日

百物語 猫。 2 /話の採集者:木戸茜

 
 夜、寝ていると、何かに頭をペシペシと叩かれて眼が覚めた。
 うちの飼い猫である。
 彼は用事があると、枕元に座って、寝ている私のすだれ頭を叩いてくる癖が有るのだ。

 さて、相手をしてやるか、と思い、寝返りを打とうとすると、今度は、胸が重たい。
 手で撫でてみると、これもまた、うちの飼い猫である。
 寝ている私の布団に忍び込んで、胸の上で丸くなる癖が有るのだった。

 ……はて。
 我が家に飼い猫は、一匹しかいない筈なのだが。
 すると枕元の方のは、一体何者であるのだろうか?
 
posted by 謡堂 at 18:40| ◆聊枕百物語