2016年11月17日

WVN追加データ005 「トライアル・ゴーレムズ 03 トイ・パレード」  1/2

 

 wvn-you005-TG03.PDF


≪ストーリー≫

 ゴーレム工房の資金繰りは苦しい。
 一見、子供達の為に思える玩具ゴーレムの制作にも、
 世知辛い大人の事情が隠されていたりするのだった。


≪ゲームデータとしての特徴≫

 トークン・システムの実験キャラクター『ブリキット』と、彼女が使役出来るトークン、そして、そのトークン召喚用のアクションカードのセットです。

 ブリキットは、バトル中にトークンを大量に召喚出来る、サモナータイプのトークン使いです。


・キャラクターカードの特徴 (『』内は無責任な煽り文句)

◇ブリキット

『悪漢を阻む玩具のパレード! その凶刃は、届かせない!』

 盾となる弱いトークンを大量に展開する、防衛型のトークン使いです。
 強さは未知数といいますか、かなり相性に左右されます。
 身代わりの盾を沢山用意出来ますので、射程1の単体攻撃に強く、その盾が機能しなくなる遠距離攻撃や範囲攻撃には弱いです。

 トークンを大量に使役した場合のストレス・テストも兼ねている為、使うのが面倒臭いかもしれません。とりあえず、机等のスペース的に、代理カードの使用は必須かと思います。


・トークンカードの特徴

 総じて脅威度が低く、相手を倒す戦力としては心許無い限りですが、数と微弱な妨害能力で乗り切りましょう。
 盾に徹するか、コツコツとダメージを積み重ねるか、条件の厳しい強力なトークンの召喚を狙っていくかで、ブリキットのデッキ構成は大きく変わることでしょう。


・アクションカードの特徴

◇玩具属性
 トークンを召喚する以外のことは、殆(ほとん)ど出来ません。
 コストの高いカードは、一度に沢山のトークンを召喚出来たり、数種類の中から召喚するトークンを選べたりします。



◇全体的に
 ブリキットは、射程1の単体攻撃しか行ってこない相手には滅法強く、一対一なら完封、相手に攻撃が通らない場合でも、千日手に持っていくことが出来ます(まあ、長引くとジャンク・ザウルスが強制召喚されて、自分が一発リタイアさせられる危険が出てきますけれども)。
 とはいえ、攻撃力が低いですので、基本的にチーム戦でアタッカーと役割分担してこそ輝くキャラクターです。もっとも、集団戦になって人数に余裕が出てくると、苦手な遠距離攻撃や範囲攻撃タイプが相手に混ざり始めるのですが……。



<「トライアル・ゴーレムズ 03 トイ・パレード」の修正履歴>
・2016 11/17 公開
 

WVN追加データ004 「トライアル・ゴーレムズ 02 フレイム&ビークル」  1/2

 

 wvn-you004-TG02.PDF


≪ストーリー≫

 空が石の雲に覆われる。
 太陽が鉄の翼に隠される。
 大地は疾(と)うに、雲霞(うんか)の如き土塊(つちくれ)の物。

 末裔(すえ)の仔らよ、抗ってはならぬ。
 それは我らが神の求めし戦。
 我らが獣面獣心の女神ネイフェレムの他に、爪撃ちを赦される者は無い。

 不越の禁を破りし巨兵、その一片一塵に至るまで、歓喜の闘神への供物なり。

 ――とある山岳民族に伝わる予言――


≪ゲームデータとしての特徴≫

 トークン・システムの実験キャラクター『ライドラーダ』と、彼女が使役出来るトークン、そして、トークン・システムとは別に、火属性なら誰でも使えるアクションカードのセットです。

 ライドラーダは、相棒を1体連れていくタイプのトークン使いです。


・キャラクターカードの特徴 (『』内は無責任な煽り文句)

◇ライドラーダ

『主従の絆が敵を討つ! 騎兵の猛威を、その身に刻め!』

 HPとAPの数値は標準的ながら、特殊能力が扱い易く、既存のキャラクター(アーテレオ、フロメラルダ)より、幾らか強めです。
 また、最初から使役可能なトークンを1体連れてバトルに臨めますので、その点でも、優位に立っています。

 尚、念の為、補足しておきますと、ライドラーダはトークンを使役枠に入れずにバトルを開始することも可能です。


◇ナックル・ナイト(エギム計画・実験型)
 ライドラーダの廉価量産型といった位置付けのキャラクターです。
 彼女程に強くは無い騎乗キャラを使って戦力バランスを調節したい場合などに、ご活用下さい。
 また、バトル中に使える特殊能力を持たない代わりに、六属性に対応していますので、ライドラーダでは出来ないことが出来る場合もあるかもしれません。


・トークンカードの特徴

◇キャリー・タートル・ミニ
 戦闘力が低い代わりに、自分と使役主に対する、水・木系統のフィールドカードの効果を無視することが出来ます。
 もっとも、その属性のフィールドカードは現在未実装ですので、役に立つかは今後次第です。

◇スネイクロウラー
 使役主を乗せて、前へ出たり、後ろへ下がったり、間合いを意識した戦い方をすることが出来ます。
 ただ、(特殊能力による)移動の度にHPが減ってしまいますので、継戦能力には疑問が残ります。

◇エギム・コメット・プロト
 時間制限付きながら、使役主と共に飛行することが出来、相手チームの後衛等を高火力の近接攻撃で狙い撃つことが出来ます。


・アクションカードの特徴

◇火属性
 攻撃カードが豊富で、近〜中距離が得意です。
 他には、簡単なサポートを行えたりもします。
 効果のバリエーションを出そうとあれこれしていたら、やたらと数が増えてしまいました。

 逆に、搦め手や遠距離戦は苦手です。
 また、火力高めのカードには、軒並み「種族:ゴーレム」の制限が付いています。

◇使役属性
 トークンの使役に絡んだ属性です。
 火&使役属性とあるカードは、騎兵が行う攻撃をイメージしていて、通常の(おそらく歩兵が行うであろう)アクションカードよりも、コストや火力が優遇されています。
 しかし、トークンを使役していることが発動条件ですので、トークンを失った場合は、何も出来なくなってしまいます。



◇全体的に
 騎兵(歩兵より攻撃力高い)と火属性(攻撃力高そうなイメージ)の相乗効果で、火力に優れたデータセットとなりました。
 更に、そこに騎兵としての機動力まで加われば、最早、ライドラーダと相対した敵陣に安全な場所は無いでしょう。
 一応、デメリットや種族制限を付けて、バランスは調節したつもりです。

 ライドラーダの「漲る活力/萎む活力」は強過ぎな気もして付けるかどうか悩んだのですが、こういう能力もある、というバリエーションを出したかったので、残すことにしました。……HPまで回復するのはウザいかなぁ……(悩)。



<「トライアル・ゴーレムズ 02 フレイム&ビークル」の修正履歴>
・2016 11/17 公開
 

2016年01月09日

WVNに関するお知らせ

 
 あけましておめでとうございます。

 今回の更新内容は、4点です。

・ルールに、ポジション(前衛・中衛・後衛)や射程の要素を追加しました。
 また、各項目を整理して、多少見易いように修正しました。
 記事へのリンク

・「WVN追加データ001 『トライアル・ゴーレムズ 01 アース&フロスト』」のデータを、ルールの追加に合わせて修正し、カードの種類も増やしました。
(「WVN追加データ002 『魔窟に蠢く肉の壁』(ソロプレイ用の強敵 01)」の方には、ルール追加の影響はありません)
 記事へのリンク
 実際のテキストデータ

・「WVN追加データ003 『トライアル・ゴーレムズ 番外編 補充旅団の到着』(ソロプレイ用の強敵 02)」のデータを追加しました。
 記事へのリンク
 実際のテキストデータ

・追加データの一覧が見易いよう、WVN用のページを作りました。
 ページへのリンク


 ポジションと射程の導入は、要素が複雑になるのでどうかとも思ったのですが、無ければ無いで、バトルの展開や攻撃カードのバリエーションなどが単調になるかと思い、導入に至った次第です。
 

WVN追加データ003 「トライアル・ゴーレムズ 番外編 補充旅団の到着」(ソロプレイ用の強敵 02)  1/2

 

 wvn-you003-solo02_20161117.PDF


≪ストーリー≫
 
 その日、補充戦力が到着した。我らが王国ご自慢の、ゴーレム兵団だ。

 疲れを知らぬ鉄人形共は、到着早々、砦長の命令に従って散らばり、破壊された砦壁や防衛網の復旧、補強を、黙々と行っていく。

 これで、徹底抗戦、前線死守の構えは万全という訳だ。
 奴らのことを、死神か督戦部隊のように思う仲間も多い。
 

≪ゲームデータとしての特徴≫

 脅威度1〜4のトークンが、それぞれ2体ずつ入っています。
 ソロプレイの敵役や、戦力差の穴埋めなどに、ご活用下さい。

 トークンの使役に関するルールは現在未実装ですが、通常のキャラクターと同じように並べて使って頂ければ大丈夫です。

 デザインは特に、ソロプレイで敵役として並べることを意識していて、行動決定ダイスを振る以外の多くは自動行動ですので、自分で相手方の行動まで考える煩わしさが少なくなっております。


・各トークンの大まかな特徴

◇ゴーレム・ウォール系
 前衛で壁になることに適しています。
 また、敵対チームの前衛全員にダメージを与える攻撃を持っている為、相手が前衛を増やし辛く思う圧力にもなれるかもしれません。

◇ゴーレム・トーチカ系
 中・後衛に適したアタッカーです。
 トーチカという割りに脆いのが難点です。
 射程の長い様々な攻撃手段を持っています。

◇その他(脅威度1〜2)のトークン
 いわゆる雑魚役です。
 キャラクターと1対1で戦って勝つのは難しいでしょう。
 集団戦の場合は、チクチクHPを削って嫌がらせをしたり、主力の盾になったり、範囲攻撃で一掃されたり、といった活躍が出来るかもしれません。

 これらを大量に並べたい時は、代理カードを使ったり、ポジションチップを代理カード代わりにしたりすると便利です。


・その他の収録データの特徴

◇特徴の無い護衛対象
 自チームに護衛対象を設定出来るようになる、脅威度0のトークンカードです。
 このトークンが倒されると、負けになってしまいます。
 いわゆるフラッグ戦の、フラッグ役という訳です。
 一風変わったバトルを行いたい場合などに、ご活用下さい。

◇ナックル・ナイト
「初期HP20 AP15 特殊能力無し」の、いわゆるバニラカードです。
 正確には特殊能力を持っていて、それにより「地・水・火・風・氷・雷」のいずれかの属性でデッキを組むことが出来ます。

◇各種アクションカードなど
 基本的なカードに加え、後衛などを守る防御型のアクションカードが何点か入っています。
 無属性ですので、全てのキャラクターが使えます。
 その代わりに、性能はおとなしめです。

 フィールドカードの「ガンナーズ・キャニオン」は、射撃キャラだけでバトルを行いたい場合などに、ご活用下さい。

 魔王属性のカードは、冗談で入れました。今後、使えるキャラクターが追加される予定です。



<「トライアル・ゴーレムズ 番外編 補充旅団の到着」(ソロプレイ用の強敵 02)の修正履歴>
・2016 11/17 「wvn-you003-solo02-act02 『怪しげな聖水』」の誤字修正と属性追加
・2016 1/9 公開
 

2015年08月17日

WVN追加データ002 「魔窟に蠢く肉の壁」(ソロプレイ用の強敵 01) 1/2

 

 wvn-you002-solo01.PDF


≪ストーリー≫
 享楽と猛毒の魔王ヘルペーの居城は、広大な魔界の地底に無数の蠢道を張り巡らす、魔窟である。そこは、頽廃的な文化と原始的な暴力によって支配された、邪神も恐れる地獄の窖(あなぐら)だ。
 闇の太陽、破滅を孕みねぶりし太母、残虐幼帝、災厄の巫女妃。無数の二つ名で呼ばれ、領地拡大に熱心とされる彼女であるが、殊更に軍勢を率いて侵略戦争に明け暮れる必要は無かった。
 何故ならば、魔窟その物が、あらゆる次元、異世界へと蠢道という名の菌糸を伸ばしていく、根源禍であるからだ。わざわざヘルペーや下僕が出向かずとも、毒性の蠢道は征服されるべき土地に到達し、あるいは次元的に引き寄せ、接触点で嚢胞迷宮(のうほうめいきゅう)を形成する。そして、所有物の烙印たる噴出口を捻(ねじ)開く。そこから溢れ出した大量の瘴気によって、その地は遠からず堕落し、戦わずして魔窟の一部へと同化、物質的にも暗黒の窖へと呑み込まれる、悪名高き「魔窟堕ち」させられてしまうのである。
 無論、家畜共が叛逆し、「魔王の首を獲って故郷を救わん」と意気に燃えた討伐隊を送り込んでくることは、多々有る。しかし、地下城窟に巣くう忌まわしい怪物達と、恐るべき百人の仔らに阻まれ、目的を遂げた例(ため)しは無い。


≪ゲームデータとしての特徴≫
 ソロプレイ用の強敵、「法悦の肉壁/ヘルペーズ・ヴァギナ」です。
 触手系の陵辱キャラでもあります。
 他のデータが少ない中での追加なので、なかなか倒せない(暫く遊べる)物が良いだろうと思案した結果、強くし過ぎた感も、無いとは申しませぬ。

 ……いいんだい、触手は強いんだい。
 お気に入りのパーティを挑ませて、全滅していく様を眺めて楽しむんでも、いいのよ?

 基本的に、多人数で挑めば倒せます。
 少人数で長期戦になればなるほど、苦しくなっていきます。



<「魔窟に蠢く肉の壁」(ソロプレイ用の強敵 01)の修正履歴>
・2015 8/19 チップの「この変化+5つ」を「この変化×5つ」と修正。
・2015 8/17 公開