WVNの遊び方(ルール)

 
 wvn_rule_ver.1.0.PDF
(「トークンの使役に関するルール」「エクストラ・ルール」の追加。
 その他、細かい表記やミスを修正)
 
 wvn_rule_ver.0.9.PDF
(ポジション(前衛・中衛・後衛)と射程の要素の導入。
 また、各項目を整理して、多少見易く)

 wvn_rule_ver.0.8.PDF

「War Vortex Night」の遊び方です。
 分かり易さは如何でしょうか?
「状態変化、ネームド・ステータス、基礎修正」の分類の辺りは、ややこしいかも。

 尚、記事作成(Ver.0.8公開)の現段階では、トークン(召喚獣的な物)は未実装です。
 

<ルールの更新履歴>
・2016 11/17 Ver.1.0 公開
 「トークンの使役に関するルール」「エクストラ・ルール」の追加。
 その他、細かい表記やミスを修正。
・2016 1/9 Ver.0.9公開
 ポジション(前衛・中衛・後衛)と射程の要素の導入。
 また、各項目を整理して、多少見易く。
・2015 5/3 記事作成 & Ver.0.8公開
 

変わった遊び方の提案

 
 そんなに変わった物でもないですが。
 参考までに。
 勿論、他の方法で遊んで頂いても、全く構いません、


<パーティゲーム>

◆シャッフル戦
○用意する物
・同じぐらいの強さのキャラクターカード×人数分
・大量のアクションカード

○遊び方
1.ジャンケンなどで、各人が使用するキャラクターカードを決める。
2.アクションカードをシャッフルして配る。
3.各人が、配られたカードでデッキを組み、対戦を行う。

○補足
・3の時、自分に不要なアクションカードを他のプレイヤーと交換するトレードタイムを設けるのも有りかも。
・3の時、デッキを組むのが難しくなるようなら、「キャラクターと属性が一致していなくても、アクションカードをデッキに組み込める」ことにするのも有りかも。


<ハンデ戦、あれこれ>
(強キャラと他のキャラが対戦する場合などに)

◆ボスvsファランクス戦
 少数対多数戦。

◆バランス・フェイズ戦
 強キャラ側が、開始から一定フェイズの間、行動をパスし続ける。「Xフェイズ、好きに殴らせてやろう」とか「あいつが動き出す前に出来るだけダメージを与えるんだっ」的な。

◆サービス/ペナルティ・HP戦
 片方のキャラクターの初期HPを、X点(10点など)増やすか減らすかしてゲームを開始する。


<拡張ルール>

◆サイド・ボード
1.予(あらかじ)め、デッキとは別に、入れ替え用のアクションカードを数枚(最大で6枚くらい?)用意しておく。その内容は、相手に見せなくて良い。
2.「ルール」の<ゲームの流れ>の「2.」と「3.」の間に、相手に合わせてデッキを組み替える時間を設ける。
3.それが終わったら、もう一度、お互いに相手のキャラクターとデッキをチェックして特性などを把握し合い、続けて行動順決定ダイスの振り合いに移る。

◆耐久戦
(もしも、1ゲームが早く終わりすぎると感じたら)
 参加キャラクター全員の初期HPを、+X点(10点など)してゲームを開始する。

◆リーダー戦・フラッグ戦  (2016 11/17 追記)
1.チームメンバーの中でリーダーを決めたり、フラッグ役に「特徴の無い護衛対象(wvn-you003-solo02-tok09)」等を加えたりして、「そのキャラクターがリタイアするとチーム全体が負け」という存在を設定する。
2.その後、普通にバトルを行う。
(おそらく敵も味方も、相手のリーダーやフラッグ役を狙って戦う)

※仲間を守る能力を持った防衛キャラ等を活躍させたい場合などに。



<この記事の更新履歴>
・2016 11/17 <拡張ルール>に「リーダー戦・フラッグ戦」を追加
・2015 5/3 記事作成
 

WVNリメイク

 
 何故に今頃、というよりは、今になって漸(ようや)く、イメージが完成したと申しますか。
 小ネタの改良版でございます。
 以前の物を、キャラクター本体と行動表で分けて、なるべく自由に行動を組み替えられるようにしました。属性等の条件が一致すれば、キャラ間での使い回しも可能です。


wvn_kihon_haiti.jpg
 カードの基本配置


wvn201505earth01.jpg
 地属性のキャラクターカード、『アーテレオ』


wvn201505deck01.jpg
 アーテレオのデッキ構築例1 地属性と氷属性のミックス


wvn201505deck02.jpg
 アーテレオのデッキ構築例2 ネタ (但し、ダイスの出目を操作するキャラクターとチームを組むと、一気に壊れに……?)


 のっぺらぼう? はて、何のことでございましょうや。

 プレイして頂ける場合は、印刷して切り抜いて、お使い下さいませ。

 対戦用ですが、多少の妄想力と二組のキャラクター&デッキがあれば、一人遊びでも行けます(テストプレイ済み)。
 目指せ、アニメ「selector」の繭ちゃん!

(と、ここまで書いて気づいたのですが、そんな寂しいことをしなくても、自動攻撃してくる壁トークン等があれば、普通にソロプレイ出来ますね。トークンのシステム等が決まり次第、データを追加します)


 自分がやりたいゲームを考えていったら、こんな感じになりました。
 格闘ゲームのようにキャラクターに比重を置きつつ、TCGっぽいこともしたいのです。
 また、TRPGの判定のように、サイコロを沢山振りたいのです。
 そして、プレイ前に複雑なルールを覚えたり、大量のカードを3枚ずつ揃えたりといった労力は、出来れば避けたいのです(面白そうなら頑張るけれども)。
 等々。
 後、フレーバーテキストを一杯書きたい(我欲) (´・ω・`)。

 適当に調子のいいフレーズをつけてみますと、「TCGのデッキ構築の楽しさと、ボードゲームの手軽さの融合を目指して」とでもなりますでしょうか。

 後、フレーバーテキストを一杯書きたい(我欲) (´・ω・`)。

 最初に基本的な強さを設定したかったので、第一弾は、量産型チックな評価試験用ゴーレムっ娘達です。特殊能力もおとなしめで、代償などのデメリットを考えると、使わなくても差し支えない感じ。

 こんな風な標準キャラをもう少し追加してバランスを取り、トークンを実装した後、いよいよバランスブレイカーたる魔物勢の投入を、などとのんびりしたことを考えております。彼女達は、旧版準拠の自重しない性能になる予定です(HP20、AP20くらいで、特殊能力も使うこと前提の凶悪な代物を?)。

 尚、メイン・コンテンツでは無いので、データの追加速度は、お察しな模様。
 

フリー素材/フリーシステムとして提供

 
 日頃からフリー素材やフリーソフトのお世話になっていて、そういった物の配布に少し憧れているので、WVNのシステムをフリー素材として提供いたします。
 ……使う物好きさんが居るかは、別として。

 お好きなマイキャラ、世界観で、自由にカードを作ってしまわれるが良いー。

 その際、能力の決め方や強さの程度などに、制約やルール(たとえば、TRPGのキャラクター作成の規則のような物)はありません。

 一応、公開・配布をする場合は、「WVN」か「War Vortex Night」のシステムを使っていることを明記して下さい。
 また、他の制作者の作成したカードと混ぜて遊ばれる可能性のあることを、御了承下さい。
(たとえば、自キャラ専用のつもりでデッキ組み込み条件を付けたアクションカードでも、その条件を無視する特殊能力の持ち主によって、使用されてしまうかもしれない)

 金銭が絡む場合は、同人販売くらいまでなら可です(こちらへの使用料等、不要)。
 但(ただ)し、射幸心を煽る形態は禁止とします(例:市販のTCGパックのような、ランダム封入など)。
 必ず、出した金額と受け取る商品が同じになり、商品の内容が事前に購入者に分かるようにして下さい(例:市販のTCGの構築済みデッキのような、内容が固定されている物など)。
 ※ボードゲームの一種的な位置づけにしたいのです。

 これらの使用に関して、当方に許可を求めることは不要です。
 使用報告も必要ありません(貰えたら嬉しいかな、くらい)。

 今後、必要に応じて、その他の利用規約風なことも付け足すかもしれませんが、現在は以上です。
 諸々、常識の範囲内で、お願い致します。
 ちなみに、著作権は放棄しておりません。
 アダルトは、二次元系のみOKです(実写禁止)。
(無いとは思いますが)もしもAmazon等(※同人通販サイトは含まず)で大々的に流通させたい場合は、私にも幾らか分け前を下さい。



 尚、制作者の違うカード達を混ぜて遊ぶ際に、規格差や性能差(いわゆる「壊れ」など)が生じる場合の当方のスタンスは、下記の通りです。

・個人の持ち物として見た場合
 ユーザー側が、使うかどうかを好みで取捨選択して、自分だけのゲームセットを作っていけばいいかな、と。

・プレイヤー間の対戦時の格差(ゲームバランス)を考えた場合
 使用におけるプレイヤー間の同意は必須として、一応「変わった遊び方の提案」でハンデの付け方等に触れてはいるのですが、完璧にイーブンな環境にするのは難しいと思うので、あまり勝敗に拘(こだわ)らない感じで、一つ。
 

2014年12月06日

ヴュゾフィアンカ・バッドニュース '14 12/6

 
・良いお知らせ
 また暫く更新、途絶えます。
 ネットに駄文が増えませぬ。

・悪いお知らせ
 ひとまず、それなりに纏まった量の文章をUPいたしました。
「アムリタの淫濁」の、ヒロインの身体描写が終わるまで、です。
 うん。違う。そっちじゃない。ごめんなさい。

【ファイルへは、こちらの記事から、どうぞ】

 描写がくどいという自覚はあるのですが、書かないことには、その要素は存在することになりませんし……。とはいえ、設定の羅列になっても読む気は起きないでしょうので、アクションなども絡めつつ――。そして、ますます描写と文章量が増えていく、悪循環(変えるつもりは、ありませんけども)。
 しかも、今回は武装等が特殊なので、描写の順番がセオリー通り(上から下へ)では無いという。
 もしも、読んでいて頭に入ってこない部分などございましたら、申し訳ありませんです。

 次回の纏まった量の文章更新は、DTの四章絡みです、と言って、自分を追い詰めておきませう。
 場繋ぎに小ネタをUPすることは、あるかと思います。
 それでは、これにて。
 
posted by 謡堂 at 21:21| 雑記

2014年12月04日

百物語 ゴシック子守唄『森妖精ハイドハイドキギー』  /唄い手:シェリスエルネス

 
 葉っぱが 隠すよ さわさわ、わささ
 夜道を 隠すよ さわさわ、かささ
 気がつきゃ お前は 崖の縁
 もしくは、もしくは 滝の上
 しまいにゃ、しまいにゃ 土の中?
 


【おまけ会話】

Q:「危ないから、夜に森の近くへなんて行かないでおくれ」、そんな、親の切実な想いの篭もった魔界の子守唄を聴いた、ご感想を、ランセリィさん、どうぞ。

ラ「うわあっ、夜の森って、そういうドキドキがあるんだね! 行くのが楽しみー♪」


Q:こんな無情な返答を聞かされた、ご感想を、シェリスエルネスさん、どうぞ。

シェ「あら? この唄って、『今度、親子で夜の森へピクニックに出かけましょうね』っていう唄じゃ、ありませんの? 私(わたくし)、てっきり」
 
posted by 謡堂 at 23:27| ◆聊枕百物語

怪談を語った経験点による成長

 
・シェリスエルネスが、下記の臣下を捕獲!

★名前:森妖精ハイドハイドキギー
 分類:ミスチーフ・フェアリー(悪意は無いけど迷惑な、悪戯者の妖精)
 属性:中庸・迷惑・森林・小人
 解説:
 かつてシェリスエルネスに悪戯を仕掛けた所を取っ捕まって臣下に加えられた、森の妖精。
 現在は、魔城の庭園にて庭師(ガーデナー)に任命されている。
 常夜の荒野に自分の森を創れないか、思案中。


・シェリスエルネスが、呪歌『森妖精ハイドハイドキギー』を修得!

★名称:呪歌『森妖精ハイドハイドキギー』
 効果:歌声の届く範囲内の全ての存在に効果。対象を睡眠状態に陥らせる。

 このスキルは君主補正の対象となる。
 臣下に加えている妖精達の数や属性の偏り等に応じて、効果が変動する。
 以下は一例。

◆モード:ファニー・フェイ
(条件:臣下の妖精達が、陽気かつ穏健寄り)
 対象を睡眠状態に陥らせる。
 対象が味方であった場合、睡眠中にHPとMPを徐々に回復させ、睡眠が1ターン継続するごとに、ランダムなバフ効果を一つ与える。
 対象が敵であった場合、睡眠が1ターン継続するごとに、スキルをランダムに一つ忘却させる。特定の儀式等で回復させない限り、これは永久に失われる。
 対象が味方でも敵でもない場合、睡眠中にHPとMPを徐々に回復させ、睡眠が1ターン継続するごとに、対象が受けているデバフ効果をランダムに一つ解除する。

◆モード:スプリー(馬鹿騒ぎ)
(条件:臣下の妖精達の数が多く、かつ、合計で333属性以上を持っている)
 対象を睡眠状態に陥らせる。
 また、対象の睡眠が1ターン経過する毎に、眠っている対象を中心として、呪歌の再判定が行われる。再判定範囲は、最初の効果範囲と同じ。
 再判定によって眠りに落ちた者にも、以後同様に再判定が生じる。
 いわゆる眠り病が、蔓延していく。下手をすると、国一つ、世界一つが眠りに包まれる。

◆モード:クルーエルティ(残酷)
(条件:臣下の妖精達が、邪悪寄り)
 対象を睡眠状態に陥らせる。
 睡眠から目覚めない状態が3ターン続いた場合、対象は死亡する。
 
posted by 謡堂 at 23:01| ◆聊枕百物語

2014年12月03日

『本日の狗賓さん1〜5』

 
※「式姫Project(式姫草子/式姫の庭/かくりよの門)」の「かけあい製作所」にて制作。
http://www.shikihime-project.com/


guhin=san_01.png





guhin=san_02.png





guhin=san_03.png





guhin=san_04.png





guhin=san_05.png
 

『本日のやたのひめさん1〜3』

 
※「式姫Project(式姫草子/式姫の庭/かくりよの門)」の「かけあい製作所」にて制作。
http://www.shikihime-project.com/

yatanohime=san_01.png





yatanohime=san_02.png





yatanohime=san_03.png